勤務犬 『ミカ』と『モリス』

勤務犬って知ってますか? (^^)/

(勤務犬のミカとモリス)

 

ミカはもともと、介助犬候補としてスウェーデンから日本介助犬協会にやってきました

パピーウォーカーから戻ってきた介助犬候補はその適正によって様々な役割を目指します

一人のパートナーに寄りそう介助犬の適性に合うのが良いんですが、沢山の人前で介助犬のお仕事の紹介をしてくれるPR犬も大事な仕事です。

穏やかな性格のワンコもいれば人といるだけで嬉しすぎて落ち着かない子もいます

そんな中ミカは初対面の人に対しても近くに寄っていき、寄り添い撫でてもらうことが大好きなワンコでした (^^♪

『患者さんの笑顔を増やすために病院に犬を入れたい!』という強い思いを持った医師や看護師さんの協力で2015年より聖マリアンナ医科大学の職員『勤務犬』として活躍することになりました。

 

前に私のブログに書いたファシリティドックと同じ仕事です

日本介助犬協会さんからもこのような活動をしていると聞いて驚きと感動で涙が出そうでした(≧◇≦)

長い入院生活から心を閉ざしリハビリを拒否する子供たち

繰り返される手術から生きる気力をなくした子供たち

無菌室から出れない子供たち

集中治療室で苦しく辛い状態で生きる事を諦めかけた子供たち

そんな子供たちがミカが来てからこう言います

 

ミカとなら手術室まで泣かずに行ける

ミカとなら辛いリハビリも続けていける

ミカとなら苦しい治療も耐えられる

ミカがいるから諦めない

ミカが傍にいるなら生きていたい

死ぬ間際に「ミカに逢えて幸せやった」と言葉を残した子供もいました

子供だけではなく大人たちも笑顔にしてくれる介護犬

ミカは無菌室や集中治療室も入って行けるんです!凄いですね

退院するときに介護犬を育成するハンドラーという職業になると言っていた子供もいました

(ミカとハンドラーさん)

一昨年からは市立病院や長期療養型の国立病院からの依頼を受けて、定期的な動物介在活動を開始し、ミカたちを待っている患者さんたちの苦痛を軽減する取り組みを行っています。

(撫でてもらってウトウトするミカ)

そんなミカも引退の時がきました

ミカが引退してこの活動が継続出来るように二代目勤務犬『モリス』がデビュー出来るよう、現在ハンドラー養成に取り組んでいます

 

ファシリティドックや勤務犬と人の輪が広がっていくことが嬉しくてたまりません

もっともっとこのような活動を広められるように頑張りたいと思いました

まだまだ介助や介護が必要な人がたくさんいます

笑顔を取り戻せない子供たちもたくさんいます

どうかみなさん支援の輪を閉ざさぬよう宜しくお願いします<m(__)m>

 

 


シンシアの丘に行ってきました

愛知県長久手市のシンシアの丘に行ってきました (^^♪

先日のワイズデーでお借りしてた紹介パネルや物販の残りを届けるのもかねて介助犬見学会にも参加してきました

色んなデモンストレーションを介助犬PR犬と一緒に訓練センターのスタッフさん達が実演してくれました

扉を開ける閉める・落ちたお金や物を拾う

冷蔵庫を開けて飲み物を取ってくる

携帯電話を取ってくる

靴と靴下を脱がして洗濯籠に入れる など etc …(^^)/

何度も見てますがいつ見ても感心します

約1ヶ月に1回程度で介助犬の見学会をやっています、是非皆さんも参加してみて下さい(要予約)

ボランティアの募集やキャリアチェンジ犬の引き取りパピー犬の預かりと色んな形での支援があるのを知って勉強になりました。

今回も70名程の参加でとても賑わっていました (^_-)-☆

後半は実際に介助犬と生活されてる方が来て下さって感想や想いを話してくれました

介助犬との出会いが自分に勇気をくれて、家族を元気に、そして周りのみんな明るくしてくれたと大変嬉しそうに話されてました

もう家族以上の関係で離れられないともおしゃってました。

本物の介助犬との記念撮影です(とっても可愛かったです) (^^♪

 

話は変わりますが…

シンシアの丘訓練センターに飾ってあるシンシアの写真です

また詳しく話をしますが身体障碍者補助犬法設立に木村さんと一緒に活躍してくれた一番の功労者です

この二人が居なければこの法律は出来ていなかったと思います

 

そして木村さんは今もご健在ですが

シンシアは2006年3月14日に亡くなりました (≧◇≦)

訓練センターの敷地内にあるシンシアのお墓です

今もみんなを天国から見守ってくれていることでしょう

慰霊碑には『人にも動物にもやさしい社会に』と書いてありました

心に響きました

ありがとうございました 🙏

 

 

 

 

 

 


初秋とワイズデー

紅葉の見頃が近づいてきました (^^♪ 気持ちいいですね

さて先日11月11日に北大路ビブレでワイズデーが行われました

我が洛中ワイズメンズクラブは介助犬の紹介DVDを流したり関連グッズを物販させてもらいました

多くの方がきて頂いて感謝感謝です、ありがとうございました

色んなPR商品やグッズを段取りして頂いて日本介助犬協会並びに広報担当の方々にはお手数かけました

改めてありがとうございました。

また同部屋にはウェルクラブさんが京都動物愛護センターの紹介や殺処分を減らす運動の問いかけを行い、ワンコ達の里親探しに頑張っていました

そしてその横はプリンスクラブさんが盲導犬の紹介や物販をしていました

ワンコ繋がりで3クラブ楽しく過ごせました

介助犬って?

盲導犬じゃないの?

そういった問いかけに答えて一人でも多くの人が補助犬に理解をしめしてくれたなら良いワイズデーになったのかと思います

来ていた頂いた皆様、関係協力して頂いた皆様本当にありがとうございました。

 

話は急に変わりますが…先日仕事で高速SAに寄ってたらこんなものが

ウェルカムほじょ犬 (^_-)-☆ 素敵な言葉ですね。


11月の壁紙

11月になって新しい壁紙を介助犬協会のホームページからダウンロードしました

寒くなってきて朝が辛い時期になってきましたが、紅葉も少しずつ染まってきて京都市内は秋深しです

またどこかで写真が撮れれば上げたいと思います。

さて今月11日は介助犬協会はワンワンの日です

ワイズメンズクラブではワイズデーとしてのイベントが北大路ビブレであります

介助犬の事が少しでも広まればと思って頑張ります (^_-)-☆

データーや商品を協会から取り寄せた時に可愛い写真も送って貰いました

携帯を持ってくるグッティ君です

 

癒されますね (^^♪


ワイズデ−

11月10日は日本で初めてワイズメンズクラブが大阪で出来た日です。

それにちなんで京都部では前後1週間を目途にワイズデーと決めてワイズを知って貰うように企画をしています

今年は京都市と共催で京都市北文化会館(北大路ビブレ)で色んな催しをします。

今回は11月11日の日曜に北大路ビブレにてワイズデーを行います

我が洛中ワイズメンズクラブは介助犬コーナーを設けて介助犬のビデオを流したり。物販・募金と色んな方法で介助犬の事を知って貰えるように頑張ります。

すぐ横のコーナーではウェルクラブさんが京都動物愛護のコーナーとプリンスクラブさんは盲導犬コーナーを設けて3クラブがワンココーナーとして色んな催しをします。

当日は盲導犬も来てくれます (^^♪

介助犬も来てもらうように手配をしたのですが11日はワンワンの日で間に合いませんでした ('_')

でもたくさん物販出来るようにシンシアの丘から品物をお借りしてます

可愛いストラップやタオル・バック・etc たくさん用意しています

是非みなさん遊びに来てくださいね (^_-)-☆

 

それと先日YMCAでの国際協力募金に参加してきました。

京都市内の中心地でYMCAに通っている子供たちと一緒に大きな声を出しながら募金をしました

通りすがりの人々の温かさに触れられた良い一日でした

協力してくださった皆様ありがとうございました <m(__)m>


毎月11日はわんわんの日

介助犬協会では毎月11日をわんわんの日と設定しています。

先日、介助犬のホームページを見ていたら11月の壁紙を見つけました

無料で誰でもダウンロード出来るので、早速私のPCの壁紙に設定しました

毎月壁紙が新しくなるなら嬉しいし、PCの前に座ると自然と笑顔になれます (^^♪

皆さんにも是非お勧めします!

見つけたと言えば優しい本を見つけました

介助犬シンシアの物語と言う本です。

すでに新刊は無くて、中古本をネットで探して3冊手に入れました

物語は兵庫県に住む木村佳友さんとその愛犬・シンシアがモデルです

毎日新聞の兵庫県版の連載『介助犬シンシア』がスタートし、ここから木村さんとシンシアを応援する輪が広がっていきました。

通常、連載は1年も続かないものですが『介助犬シンシア』の連載は4年以上続きました。そしてその輪が『身体障碍者補助犬法』の成立になりました。

その経過はまた別のブログに載せたいと思います。

物語の内容は差し絵をふんだんに使って誰にでも読みやすくなっています、木村さんとシンシアの2人の間柄をとても分かりやすく書いてありました

見たい方は気軽に言ってください

竹山建設の問い合わせメールでも良いですし私に電話してくださっても構いせん

是非たくさんの人に読んでもらいたいです (^_-)-☆

本の最後にシンシアの写真も載っています。

叶わない事ですが…一度シンシアに逢いたかったです

 


ワイズ例会と募金

洛中ワイズメンズクラブは月に一度、ホテルで例会を行います

私は普段着なれないスーツで毎回肩が凝っております (^.^)

色んな企画やゲストスピーカーの方を呼んで楽しい時間を過ごします。

今回は龍谷大学準教授のオーガスティン先生に講演で、歴史に纏わる話を大変面白く話して貰いました。

とても楽しかったです、ありがとうございました <m(__)m>

 

あと例会では洛中が支援している介助犬での募金活動を行います

ワンコイン募金と名付けて金額は問わず全員がコインを一枚入れる募金を例会の度にやっています

ワンコとコインをかけてワンコイン募金です (^_-)

継続を第一に無理のないようにメンバーに協力してもらってます

ただブログに載せると言ったら荒木ワイズはいつになく大金を入れてくれました (^O^)/

ほんとに楽しいメンバーばかりです

 


震災 災害

今回、地震や台風の影響で被害に合われた方にお見舞い申し上げます。

私たちの会社にも依頼と相談そして助けを求める

お客様や工務店様の声が多数かけられました。

出来るだけ聞いた順番や緊急性があったりする現場を会社内で

相談しながら対応しております。

しばらくバタバタしながらですが、一軒ずつ順番に対応させてもらいますので宜しくお願いします。

台風直後は何もなかったけど…

なにか気になる…

ここは大丈夫かなぁ?

そんな心配事がありましたら当社スタッフに問い合わせ下さい。

出来る限り対応させてもらいます。

 

株式会社 竹山建設 竹山直司

 

 


ワイズと介助犬

洛中ワイズメンズクラブは介助犬育成の応援をしています

クラブとしての応援もですが個々の活動もみんな頑張ってくれてます

まず私は会社の入り口に募金箱とストラップを販売しています

そんな沢山の人が来るわけではないですが

たまに興味を持って下さる方は募金やストラップを購入してくれます

(一番人気の眠っている介助犬のストラップ)

ほかのメンバーも募金箱を置きたいと数名申請してくれました。

先日は洛陽総合高等学校の理事長で洛中ワイズメンズクラブの

古くからのメンバーでもある土屋ワイズからの要望で学校で

講演とデモンストレーションを依頼して頂きました。

(講堂でデモンストレーション中、みんな熱心に聞いてます)

生徒達も先生方も初めて見る介助犬の動きに驚き感心して

拍手拍手でした

ワンコ好きの生徒さんたちは終わってからもワンコに近づき

撫でて楽しんでいました (^.^)

私も呼ばれていませんが見させてもらいました

(生徒達よりも喜んで触り過ぎてしまいました (^_^;)

 

支援を始めて少しずつですが人の輪が広がっていくのを感じると

とてもとても嬉しいです (^O^)/

 

 


ファシリティドック

ファシリティドックって…?

 

ストレスを抱えた人々に愛情と安らぎを与えるように専門的な

トレーニングをつんだ犬の事です。

(臨床経験のあるハンドラーと呼ばれるお姉さんと

日本で初めてのファシリティドックのベイリー君)

 

ファシリティドックは日本では2010年に静岡県こども病院で開始しました

最初は施設の限られた場所にしか入れなかったらしいですが

今では病院のほとんどの場所に入れるらしいです

なっ なんとICUにも入れるのです(^_-)

 

ファシリティドックの大きな特徴は病院など毎日同じ施設に勤務し

その施設での個々のニーズに合わせた活動を行える事です。

ベイリー君の主な役目はこども達の部屋を訪問したり

ボール投げや身体を触ったり撫でられたりとか

時には添い寝をすることもあります

 

手術室に向かうのは嫌だけどベイリーとなら行く

注射は怖いけどベイリーが横にいてくれるなら我慢する

辛い検査もベイリーが待っててくれるなら頑張れるっと

ベイリーは子供たちや親御さんたちも笑顔にしてくれます(^O^)/

みんなに癒しと勇気を与えてくれるベイリー君

でもまだ日本ではファシリティドックは二頭しかいないんです(*_*)

しかも育てる施設も日本ではありません

僕たちが応援している介助犬も知名度もまだまだですが

ほかにも知られていない場所でこんな素晴らしいワンコ達が頑張っているんだと

胸が熱くなりました。

 

この記事を読んで、ますますワンコ達が好きになりました!(^^)!

 


S M T W T F S
      1
2345678
9101112131415
16171819202122
23242526272829
3031     
<< December 2018 >>

最新記事

過去記事