シンシアと木村さん

シンシアは『身体障碍者補助犬法』の成立に尽力した介助犬です

(木村夫妻とシンシア)

 

木村さんが1987年にオートバイ事故で首の骨を折る重傷をおいました

そしてその事故から手足に障害が残るようになってしまいました

でも懸命のリハビリのおかげで在宅勤務が出来るようになるまで回復し、1994年に生後50日のゴールデンレトリバーを家族に向かい入れました     (^^♪

そのゴールデンがシンシアです

シンシアは最初から介助犬として木村さんと会ったのでは無かったのです

最初、木村さんはお転婆なシンシアを飼った事を後悔しましたが、生後11ヶ月の彼女を介助犬訓練センターに預けて約4ヶ月間の訓練の結果…

(くわえる)(持ってくる)(離す)などの基本的な動作が出来るようになりました

そして1997年7月に訓練所に介助犬として認定されました

シンシアのおかげで木村さんの行動範囲は一気に広がりました

しかし行動範囲が広がった事で今まで行けてた場所に行けなくなりました (◞‸◟)

シンシアがペットとしか扱われなかった事で、レストラン・スーパー・公共施設・交通機関などではことごとく同伴を拒否されました

しかし木村さんはそれでも敢えて外出をし、介助犬の認知度を広めようと努力しました

そしてそうした活動が徐々に身を結び講演依頼が次々に決まり、マスコミも取り上げてくれるようになりました

(講演回数は9年間で364回にも及びました)

そして2000年の春には住友生命のコマーシャルに

さらに同年5月、木村さんが暮らす宝塚市が『シンシアの街』宣言をしました

(宝塚市にあるシンシア像)

そうした結果、一気に知名度が上がり、木村さんとシンシアは国会に出向き多くの議員さん達との会合の結果

2002年5月に国会議員の満場一致で『身体障碍者補助犬法』が成立されました \(^_^)/

この法案によって補助犬(介助犬・盲導犬・聴導犬)達は公的機関や施設など色んな場所に同伴できるようになりました

 

木村さんとシンシアの功績は多くのドラマや書籍・また英語の教科書にも取り上げらています

(シンシアの丘にある写真)

 

まだまだ知らない人が多いと思います

いまだに入店を拒否されたり、乗車を断られる事例が多くあります

少しでも多くの方が優しさと思いやりを持ってもらえる社会が近づいていると思いたいです。

 

 

 

 

 


コメント
コメントする








   
S M T W T F S
1234567
891011121314
15161718192021
22232425262728
2930     
<< September 2019 >>

最新記事

過去記事